子供というのは母親が大好きだ。
例外もあるだろうが、やはり父親よりも母親なのだろう。

十月十日もお腹の中にいて、母親の身体から産まれてくるのだから
当然といえば当然なのかもしれない。

そして、これが男の子になると如実にでてくる。
マザコンといわれるかもしれないが、僕も母親が大好きだ。

大人になるにつれて、何故か父親とは確執が生まれ、上手く接することが出来なくなった。
父親と母親との接し方の違いなのか、接する時間の問題なのか
男か女かの違いなのかは分からない。

僕は息子が産まれて、そんな親子関係にはなりたくないと思った。
あくまで男としてだが、母親と同じ、いや、それ以上の愛情を注ぎ
息子の事を考え、接していきたい。

人それぞれ、間違った教育なんてないと思う。

ただひたすらに愛し、それをお互いに感じ
確信できるという事が大切なのではないだろうか。


【男も子育て 〜僕と息子とオートバイ〜】 トップへ

Write a Comment

Please login to comment.